新皈元明優軒雪岳蒼史居士位

c0025900_2045777.jpg

突然の出来事で信じられないのですが3日、兄を交通事故でなくしました。

「新皈元明優軒雪岳蒼史居士位」という戒名を戴きました。
(筆記体が読みづらかったので、違う字もあるかもしれません)
戒名は生前の人柄を名前にするとのことで、兄はスキースクールで働いていたので、
「明優」は明るくて優しい人、
「雪岳蒼史」は「兄が雪の岳で、青い空の下、ジャンプをしているイメージ」
とおっしゃっていました。(史は故人の名前の一部です。)
父と相談して決めたそうですが、この写真をお坊さんに見せて、つけて頂いたのでは無かったそうです。
本当にこの写真にぴったりな、素敵な名前です。

blogに載せるべきかどうか迷ったのですが、載せさせて頂きました。
(コメントのしようが無いかと思いますが、ご容赦ください…。)
心が落ち着いたら、今までのように写真の更新をしていこうと思っています。
よろしくお願い致します。

(撮影は私ではありません)
[PR]
by applebonker | 2005-05-12 20:52 | その他
<< 土手 公園 >>